menu

高い避妊効果のピル

パステルカラーの薬

避妊薬であるピル

望まない妊娠を避けるために、避妊に力を入れている人は増えつつあります。日本では、避妊について学校で学べる機会が少なく、自主的に学ばなければならないことが多く存在しています。パートナーと知識の相違があったり、お互いに知識に乏しいと、望まない妊娠をしてしまう可能性が高くなってしまいます。特に女性は受け身であることが多いので、拒み切れない場合や意図しない性行為に及んでしまうことも少なくはありません。パートナーだけに避妊を任せることは、100%信用できるものではないことを覚えておきましょう。ある程度の自己防衛が必要になってきます。
しかし、性行為をする上で、避妊具であるコンドームを装着するのは男性です。挿入されるまで、本当にコンドームを使用しているのかどうかは、わからないことが多いです。口頭で装着していると言われても、安易に鵜呑みにするのは危険である場合があります。そんな時に、女性ができる避妊の方法があります。

避妊用のピルは、望まない妊娠を避けるために最も役立ってくれるものと言えます。女性が主体となって行う避妊豊富であるので、安心して利用することができると言えます。学校での勉学では、ピルについてはあまり詳しく説明されないことが多いでしょう。日本では、避妊用ピルについて否定的である意見が多いので、ピルの服用を推奨する声は少ないと言えます。しかし避妊用ピルは、正しく使用していれば高い避妊効果が望めるものなので、望まない妊娠を避けるためにも、知識として知っておく必要があるものなのです。



避妊用ピルの働きとは

精子が着床することで卵子と結びつくことで妊娠をしている状態になります。精子が着床するには、卵巣内で準備を整えておく必要があります。その準備に必要なのが、黄体ホルモンです。脳から指令を受けた黄体ホルモンは、卵巣内を着床しやすいような状態に準備する働きをします。黄体ホルモンには排卵を抑制する働きもあります。避妊用ピルは、この黄体ホルモンに似た働きをする人工女性ホルモンが含まれています。これを女性が服用することで、卵巣内に十分に女性ホルモンが満たされていると脳に錯覚させ、排卵を抑制させます。また、子宮内では、精子が着床することを防ぐように変化させる働きが行われることになります。体内を妊娠しにくい環境にすることで、妊娠を避けることができるのが避妊用ピルなのです。

避妊用ピルは、人口女性ホルモンを体内に取り入れることになります。女性の月経は、女性ホルモンの働きによって起こっているものです。もし、毎月の月経痛が酷かったり、月経がこなくて悩んでいる人は、月経困難症であると言えます。避妊用ピルは、そもそも月経困難症の治療薬として開発されているものなので、その治療にも役立ちます。

正しい避妊の知識を

海外では、避妊用ピルはドラッグストアでも購入することができます。これは、海外では避妊に対する知識が多くの人に備わっているからです。幼いころから人間の体の仕組みを教わります。どうすれば妊娠するのか。それを防ぐ方法は何があるのか。しっかりと学んでいるので、医薬品である避妊用ピルでもドラッグストア等の市販で購入することができるのです。

しかし日本では、まだあまり普及していません。海外ではたくさんの種類の避妊用ピルが開発され、販売されていますが、日本で認可が落ちている避妊用ピルの数はごくわずかです。なので、学校で教わる知識の中に避妊用ピルがまだ定着していないのだと思います。避妊の方法をしっかりと学んでいない場合、自分で調べて学ぶしか方法はありません。そこで、間違った知識を覚えてしまう可能性も大いにあります。

女性には、避妊についての知識をしっかり学んでおいてほしいと思います。望まない妊娠をしてしまった場合、一番つらい思いをするのは自分なのです。避妊用ピルについて、また避妊の方法について、正しい知識を身に着けてほしいと思います。

コンテンツ一覧

黄色い透明な薬 「避妊用ピルをこっそり購入するなら通販がおすすめ」のコンテンツ一覧です。 read more »

避妊用ピルの役割

避妊用ピルの主な働きは、人口女性ホルモンを体内に取り入れることで脳に錯覚を起こさせるものです。通販でも購入できますが、産婦人科で処方してもらうこともできます。年齢に関係なく、体のことで悩んでいる女性は産婦人科を訪れましょう。

read more »