病院で購入する場合は | 避妊用ピルをこっそり購入するなら通販がおすすめ
menu

病院で購入する場合は

黄色い透明なカプセル

ただし、どちらの購入手段にも、デメリットは存在しています。

病院やクリニックで処方してもらう場合、保険が適用されないケースが多いので、全額自己負担になってしまうというデメリットが起こりうるのです。処方されるピルの料金を合わせて、5,000〜7,000円程度の費用が必要になってきます。ピルは、継続して服用し続けるものなので、定期的に購入する必要があります。処方してもらえるピルの量には限度があり、通常1か月分を処方してもらうことになります。1か月ごとに産婦人科等に通う必要があり、そのたびに上記の費用がかかってくるので、経済的ではないかもしれません。また、日本で認可が下りているピルしか処方することができないので、自分に合ったピルがなかった場合に、違うもので我慢するしかないといったデメリットもあります。

しかし、専門の医師が自分の体に合ったものを処方してくれるので、安心して服用することができます。処方される時に、注意事項等をしっかりと説明してくれるので、間違った服用方法をしないで済みます。また、もし避妊用ピルを服用していて不安に感じた時に、処方してもらった医師に相談することができます。同じ医師に相談することができるので、安心であると言えるでしょう。