避妊用ピルの副作用 | 避妊用ピルをこっそり購入するなら通販がおすすめ
menu

避妊用ピルの副作用

机の上に出されている薬と空のパッケージ

避妊用ピルの副作用として主な症状は、嘔吐、吐き気、めまい、頭痛、むくみ等があります。ピルを服用し始めてからは症状が続きますが、服用し続けていると、次第に体がピルに慣れてきて、症状も緩和されます。あまりにも症状が酷いようであれば、使用を中止し医師に相談しましょう。ピルには低用量ピルや超低用量ピル等の種類がありますが、それぞれホルモンの含有量が違います。もしホルモンの含有量が多くて体に合わない場合は、市販のピルカッターを用いて半分の量を一日に服用するという方法もあります。しかし安易に決めつけて決行するのは得策とは言えないので、不安に思った時には医師に相談しましょう。その際、現在服用しているピルを持参することを忘れないようにしましょう。

避妊用ピルの重篤な副作用としては、静脈血栓症、心筋梗塞や脳梗塞が考えられます。発症する確率は極めて低いと言われていますが、必ずしも発症しないわけではありません。通販でピルを購入し服用している場合でも、定期的に検査をすることをおすすめします。立ち上がれないほどの吐き気や頭痛を感じた時には、重篤な副作用を発症している可能性が高いので、近くの人に救急車を呼んでもらうか、一人の場合は自分で救急車を呼ばなければなりません。自力で病院に向かうことができそうであっても、途中で症状が悪化してしまったり急変してしまう可能性もあるので、タクシーを呼んだり自力で病院に行くのではなく、救急車を呼ぶことを推奨します。

正しく服用方法を理解し、自分が服用する避妊用ピルについてしっかりとした知識を持っていれば、大きな病気につながることはまずありません。避妊用ピルを服用していることは、パートナーにも知らせておくべきであり、避妊はお互いの理解と知識が必要です。情報を共有しあい、正しい避妊を行うようにしましょう。