通販でのデメリット | 避妊用ピルをこっそり購入するなら通販がおすすめ
menu

通販でのデメリット

カラフルな薬の写真

通販で取り扱われている避妊用ピルは、種類が豊富にあります。日本で認可の下りていないピルも販売されているので、自分に合ったピルを見つけることができます。処方箋が必要ないので、安価に購入することができ、料金を支払うと自宅に届くので、便利な手段であると言えます。
しかし同時に、危険性もあります。

医師の処方箋が必要ないとは言え、避妊用ピルは医薬品です。ピルには副作用もありますし、服用する際に注意しなければならないことも多くあります。購入ページに、副作用等についてしっかりと記載してありますが、その欄を見ずに購入してしまう人も少なくないでしょう。避妊用ピルのパッケージにも記載してありますが、確認している人も多くはないでしょう。服用方法だけを流し読みしてしまう人が多いかもしれません。しかし、正しい服用方法を守っていても、副作用が発症してしまうことはあります。それはその人の体質によるものだったり、体調による場合が多いです。その場合の対処法や、どんな時に服用しない方が良いのか、また、服用してはいけない人や、服用する際に注意が必要なのはどういった人なのかをしっかり把握しておかないと、正しくピルを服用していても、重篤な副作用を引き起こしてしまい、命に危険が及んでしまう可能性もあります。

日本では認可されていない避妊用ピルも多く販売されていますが、値段だけで一概にこれと決めてしまうのは、少し考えなおした方が良いかもしれません。どれもが危険であるわけではなく、また、どれもが絶対に安全であるとも言えないのです。開発しているのが海外の会社であることが多く、日本人の体に合っていないピルというものもあります。
通販で避妊用ピルを購入する際には、これらのことに気を付けてほしいと思います。